banner

5万円借りる方法で、得なのは銀行?消費者金融?

今月は友人の結婚式が重なってお財布がピンチ、お給料日まであとプロミス 5万円借りれたら…なんて思うことありませんか? 急な出費は、額も回数も大人になるにつれ増えてしまうものですよね。 そんな時に便利さを発揮するのがキャッシングやカードローンです。 銀行か消費者金融に申し込んで、カードさえ作っておけば、コンビニなどのATMを利用して、24時間いつでも必要な時に現金を引き出すことが出来るので、いざという時はきっと重宝するでしょう。 銀行と消費者金融では、同じ金額のお金を借りる場合でも、システムが少しずつ違います。 まず、銀行は年利が低く、限度額は高額です。 しかも総量規制の対象外となるので、年収の3分の1以上でも借りることができます。 ただし、審査基準は厳しく、時間もかかります。 その点、消費者金融は銀行よりは審査が通りやすく、またその早さも売りにしている所が大多数です。 ただし、年利は高めに設定されています。 では、5万円借りる方法としては、どちらを選ぶべきでしょうか。 お給料日までの1週間の間だけ、すぐ返すというなら、消費者金融が良いでしょう。 審査も早く、即日融資してくれますし、何日間かは無利息というサービスをしている所もあります。 上手に利用すればメリットは大きいでしょう。 5万円と言わず、もう少し借りたい、できれば時々利用したいという場合、急いでない場合は、銀行のカードローンをお勧めします。 金利が低く、限度額の範囲内なら何度でも引き出せるのは、利便性が大変高いと言えます。 自分のライフスタイルをきちんと見極め、返却方法もシミュレーションした上で利用するのが大切です。

基本の審査方法を知ってお金を借りる

金融機関からお金を借りるときには審査を受けることが必要となってきます。 この審査は何のために行われるのかというと、返済可能なのかどうかを判断するためのものだと言えるでしょう。 この基準については金融機関が独自に定めていますから、それぞれの金融機関で基準は異なります。 色々な条件があって、それぞれの条件をクリアしていれば審査に通るというような方法をとっていることもありますが、最近では審査方法としてスコアリングを採用する金融機関が多いと言えるでしょう。 スコアリングとは、色々な条件を点数化し、そしてこの点数が基準をクリアしているかどうかによって審査を行う方法を指します。 年収や職業、労働形態などを考慮して、これらを点数化することになりますが、具体的にどのようにして点数化するのかというのは公開されていません。 というよりも、融資を行うときに金融機関にとってもっとも大事なことが審査ですから、ある意味では審査は企業秘密となっている事が多いのです。 ただ、一定の傾向はありますから、これを把握しておくべきでしょう。 もっとも審査の基準が甘いのが消費者金融です。 銀行も最近では審査が甘くなってきていますが、全体的に見れば消費者金融よりも厳しい場合が多いです。 また、労働形態によっても異なっていて、一流企業の正社員や公務員はもっとも審査に通りやすいと考えられます。 派遣社員やフリーターは審査に通りにくいという傾向はありますが、借りる事ができないわけではありません。

Copyright(c) 2014 hanneleinen.com Inc. All Rights Reserved.